CSR

ガバナンス

コーポ―レートガバナンスの基本的な考え方

当社は顧客満足の充足及び株主利益の向上が強く相関するものと考え、これらを両立させることを目的とし環境の変化に対応しながら透明性・効率性の高い経営を追求することをコーポレート・ガバナンスと位置付け、経営体制を構築しております。

コーポレートガバナンス報告書

ページトップへ

コンプライアンス

当社は、「コンプライアンス規程」および「従業員就業規則」を規範とし、法令順守を徹底するため、全従業員に定期的に教育を行っています。

法令順守の取り組み

法令の主管部門は法令順守を徹底するため、新規法令や改正法令の内容を確認し、全従業員に周知しています。

内部監査

内部監査室は、定期的に各部門の監査を行い、コンプライアンス体制を維持改善しています。

個人情報保護

当社は、事業活動を通じてステークホルダーの皆様から得た個人情報は、社会的責務としてその保護の徹底に努めています。

「個人情報保護規程」を定め、個人情報の利用目的を明確にし、従業員に対して、個人情報の取り扱いに関する教育を実施することで管理の徹底を図っています。

特定個人情報(マイナンバー)に関する管理体制も構築しています。

インサイダー取引防止の取り組み

当社は、インサイダー取引防止の管理体制を構築し、従業員への周知徹底を図っています。「内部者取引管理規程」を制定し、内部情報の管理体制の整備や株式売買における制限を設けています。

反社会的勢力排除の取り組み

当社は、「コンプライアンス指針」において、反社会的勢力との取引を禁止する旨明記し、全従業員に教育を行っております。

お取引先様においても、その契約書に反社会的勢力の排除条項を設けています。

コンプライアンス教育

コンプライアンス強化の一環として、コンプライアンス教育を定期的に実施しています。

また、新入社員に対するコンプライアンス教育、各部署で必要に応じ該当法令に関する教育を実施しています。

内部通報制度

当社は、従業員からのさまざまな疑問や相談、人権、労働、安全衛生、環境および公正取引などに関する法令ならびに社内規程などに違反する行為と違反する恐れのある行為について報告できる体制として内部通報制度を設けています。

個人のプライバシー保護などの取り組みを明確にしたうえで、外部の弁護士が従業員から直接電話やメールなどで相談を受け付けています。

弁護士または内部監査室により調査・確認を行い、是正措置や再発防止策を実施しています。

贈収賄防止への取り組み

当社は、「コンプライアンス指針」に従い、贈収賄の禁止を明記し、全従業員に教育を行っていおります。

ページトップへ

リスクマネジメント

ソノコムは、多様化する社内外のリスクに対応するため、リスクマネジメント体制を構築し、発生リスクの予知とその予防に努め、リスク発生時にその損失が最小限になるように推進しています。

リスクマネジメント体制

当社のリスクマネジメント体制として、最高責任者である社長のもと、各種リスクに対応するリスク主管部門を設置し、リスクマネジメント活動の推進を図っています。

さらに、「危機管理規程」および緊急事態発生時の対策を定めた「BCPマニュアル」などの社内規程を制定し、全従業員に公開しています。

事業継続計画(BCP)

当社では、緊急事態(地震の発生、洪水、パンデミック等)においても従業員及びその家族の安全を確保しながら、自社の事業を継続するとともに、お客さまへの製品・サービスの供給が継続できるよう事業継続への取り組みを強化しています。

BCP:Business Continuity Plan

情報セキュリティーの保持

当社は、会社が所有する各種情報を取り扱うにあたり、順守すべき基本的な事項を明らかにし、管理体制を構築することで、会社が所有する情報を安全にかつ効率的に活用しています。

顧客情報・技術情報・販売施策情報・システム情報・経営情報その他事業を運営していく上で必要な全ての情報を取り扱うにあたり、「情報管理規程」を制定し、情報の取り扱いに関する管理を徹底しています。

ページトップへ

SDGs

ソノコムは社会と協調し、事業活動を通じて社会・地球の持続可能な発展に貢献する取り組みを進めていきます。

今後の事業活動を行うにあたり、ステークホルダーと当社にとっての重要課題の分析を実施しました。

重要度の高い取り組み目標として、目標7「エネルギー」、目標14「海の豊かさを守ろう」の2つを特定しました。

とりわけ私たちの事業活動にとって重要な係りをもつ水に係るサステナビリティには、最優先で取り組んでまいります。

ページトップへ